スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

第140回「今のエンターテイメントを見ていて思うこと。の巻」 : 2007.01.18[Thu]

昨日、たまたま偶然hideさんのHi-HO、ミュージックステーション出演時の映像を手に入れたので見ていた。

正直、すごい衝撃を受けた。

今のアーティストが誰も出来ないほどのすさまじい光景。

この画像のコメントにこう書いてあった。

DZOZMAもやるならこれぐらいやれ!!

確かに。

なぜこういうことを書こうかと思ったかというと、昨日の夕刊デイリーの一面のトップコラムに井上公造のうわさの壺というコラムがあるのだが、それを読んでいて思ったことがあったから。

ちなみにそのコラムにはこう書いてある。
まず見出しは

「OZMAの反論に真相」
NHKの公式発表と違う何かが存在
不信感残るのは当たり前

で、内容は・・・

「そもそもDJOZMAとは、過激パフォーマンスが売りのアーティスト。
プロ意識が強いOZMAは出場が決まった時点から盛り上げようと必死でアピールを続けてきた。
それは、NHKが自分にそのことを望んでいると考えたからだ。

オファーするときだけ頭下げて、トラブルになれば知らんぷりでは、紅白歌合戦に出場するアーティストはいなくなってしまう。

結局、個人が組織に負けてしまう。」

で、ここまではまぁどうでもよかったんだ。俺的には。

俺の中で問題は次だよ。次。

「この国でエンターテイメントが育たない理由を見た気がした。」

と、書いてある。

これに対しては、正直本当に思った。
ビジュアル系のみんな。
ビジュアル系こそが、今このなに見ても同じ世の中を変えられるジャンルだと思う。
正直、おかしくなったのは、○○○○○○が出てきてから。
もうあのBAND一つで世の中が変わった気がする。

正直これを言っても通じない人ばっかり。

今、ビジュアル系本当につまんないと思う。
一番最低なジャンルだと思う。

と、hideさんのHi-HOを見て思ってしまいました。

最近の願い。

俺じゃなくてもいいから、今のV系をどうにかしてくれ。
このままだとhideさんの生きた道でさえ危なくなるような気がする。

どうしてみんなもっと上を目指さないのか不思議でしょうがない。

最近のビジュアル系は音楽やるのにああだ、こうだ五択をならべてる。

理由なんてただ一つ!!BANDが好きだからだろ!!って感じですなぁ。

それに個人が組織に負ける??

ロックにそんなもんは関係ねーんだよ!!って感じですなぁ。

ロックは悪だってことを忘れてる人が多いねぇ?

俺が尊敬するhideさんがこう言ってた!!

「頭ピンクにしてギター持ってるんだから頭いかれてると思われてもしょうがない」

反論するなんてまだ覚悟たらないねぇ?

頭、怒れてると思われてむしろよろこべ!!(笑)

といいながらクレヨンしんちゃん見てる俺がいる。
スポンサーサイト
未分類 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。